お願い、お義母さんって呼んで! ~義母になりたいオンナと、恋人にしたいボク~

剧情简介

「いいか、健喜。突然だが、今日からこの人はお前の“お義母さん”になるぞ」

父さんが再婚相手を連れてきた。

「ほら、どうした? 新しいお義母さんに挨拶をしなさい」

「…………ども」

ボクは相手に目線を合わせないまま、小さく会釈をする。
このまま他人行儀を貫く……これこそがボクに出来る最大限の配慮だ。
心を開くつもりはない。どんなに仲良くなったとしても、いつかは離れ離れになってしまうのだから――。

「えっと……健喜くん、でいいんだよね? 私の名前は千早です。
 その……せ、精一杯お義母さんとして頑張るから……っ! 今日から、宜しくね……っ!」

しかし、その声を耳にした瞬間……ボクの心は大きく揺さぶられた。
ボクは思わず顔を上げ、相手を見やる。
すると、二度目の衝撃が起こった。

(ど、どうしたんだ……い、息苦しい……っ。
 身体も熱くて……どうにかなってしまいそうだ……っ!?
 そんな……ま、まさか……ボク……)

そう……ボクは千早さんに、一目惚れをしてしまったのである――。

制作组

主要角色

用户标注

评论 (1 条评论) 写长评
  • 石乐志 Lv0 09月02日 17:08

    这个跳票了?(눈_눈)

    #1