Dies irae ~Interview with Kaziklu Bey~

剧情简介

俺の母親は姉だった。
ニューヨークのブルックリンにあるヴァンパイア・バー『怪物園(ボルヘス・ハウス)で、対面のインタビュアーに向ける男の言葉はそんなものから始まった。
第二次大戦以降、世界中のあらゆる紛争地帯に現れて、暴虐の限りを尽くす白貌のSS将校。
戦場の吸血鬼。 彷徨えるハーケンクロイツ。
それは陳腐なオカルトめいた伝説(ミーム)として時に噂されるものだったが、単なるありきたりな与太話ではない。
彼こそがヴィルヘルム・エーレンブルグ
世界の敵として、国連が極秘に追い続けている第三帝国の残党。 聖槍十三騎士団という、魔人たちの一人であった。
その彼は今、長年待ち続けた悲願を果たすため日本へ向かおうとしている。
普段なら無視か殺すかしていたであろうインタビューなどに応えているのは、約束の時を前に高揚した心が生んだ遊びにすぎない。
ともかく、彼はそうした理由で機嫌が良かった。 饒舌であり、感傷的にもなっていた。
ゆえに今へ至るまでの人生を振り返り、その道程を懐かしむ。 問われるがまま、己の過去を明かしていく。
魂に食い込んだ血の呪い。 拭い去れぬ水銀の業。
それを自覚した日、ヴィルヘルム・エーレンブルグ とは何者であるのかを、深く刻み付けた少女との物語を。
全部、全部話してやるよ。 そいつとの出会いから、終いまでをな。

制作组

主要角色

用户标注

发行版本
评论 (1 条评论) 写长评
  • wduuu Lv1 09月25日 11:00

    中二感爆棚 属实做的不错

    #1